【亜鉛不足】亜鉛が不足すると出る怖い症状をまとめてみました!

【亜鉛不足】亜鉛が不足すると出る怖い症状をまとめてみました!

カルシウムやビタミンというのは、必要な栄養素として多くの人に認識されています。

しかし、亜鉛という栄養素は、聞いたことがあってもなかなか意識して食べているという人が少ないです。

そもそも、亜鉛とは、ミネラルに分類される栄養素で、大人の体内には平均で2グラムほど含まれていて、鉄の次に多いミネラルです。筋肉や骨の中にあり、代謝のサイクルに欠かすことができない栄養素です。

体内には少量しかありませんが、人間が生きる上ではなくてはならない存在なので、必須微量元素とも呼ばれています。

亜鉛が不足する理由は体内で作り出すことができないため

亜鉛は体内で作り出すことができないため、食事から取り入れるしかありません。加工食品やインスタントばかり食べていると、不足してしまい、体に症状が出てきてしまいます。

不足することで起こる症状をまとめると、子供の場合は、成長障害や鉄欠乏性貧血があげられます。

亜鉛が不足する理由は体内で作り出すことができないため

代謝に必要な栄養素なので、不足することで成長に障害が出てしまうということです。大人の場合は、味覚障害、鬱、貧血、免疫力の低下、皮膚病、脱毛や性機能の低下があります。

亜鉛による味覚障害は、主に中年以降の女性に多く見られます。食事をしていても味を感じにくかったり、苦みとしてとらえてしまうことがあります。また、亜鉛は心の安定に欠かせません。

また亜鉛が不足することで、鬱などの精神にも影響を与えてしまいます。貧血というと、鉄分ばかりを連想してしまいますが、亜鉛には赤血球を作るという役割があるので、大人でも子供でも不足することで貧血になってしまいます。

男性の場合は、男性ホルモンの代謝に必要になるので、性機能の低下が懸念されます。脱毛は性別を問わず起こる症状です。

亜鉛は、うなぎやレバー、チーズ、牡蠣、そば、アーモンドといった食品に多く含まれていますが、日常生活の中で食べる機会の少ないものばかりで不足しがちです。意識して食べるようにして、亜鉛の不足からくる様々な症状を感じないようにしましょう。

食事で毎日補うことが難しい栄養素「亜鉛」は、サプリメントなどで継続して摂取することが、現代人にとっては最も重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です