亜鉛の1日の摂取量を食事で補うことは凄く難しいことだという事実

亜鉛の1日の摂取量を食事で補うことは凄く難しいことだという事実

亜鉛は貧血を和らげたり、新陳代謝を向上させることで免疫力を高める、髪の毛の発育に関与するといったことから、人体にとって様々なものに影響を与えているため、健康的な生活を送るには十分な摂取が必要となります。

しかし、実際には何を食べてどれだけ摂取すれば良いかということを知らない人も多く、気づかないうちに亜鉛不足に陥っている人も少なくないようです。

亜鉛は通常であれば、自宅で食事を取っている程度で一日の摂取量は補うことが可能です。

人体を維持するために必要な摂取量は目安として1日で10mgもあれば十分とされますが、例えば薄毛を解消するために、貧血気味の体調を改善させるためとなると少し多めに摂取ルうことが大切です。

亜鉛の摂取量は食事では足りないからサプリで補給を

亜鉛の摂取量は食事では足りないからサプリで補給を

ファーストフードやレトルト食品を好んで食べている人では偏食気味になり、亜鉛が上手く摂取できなくなるので注意しましょう。

亜鉛を多く含む食材としては生の牡蠣であれば100グラムあたり13.2mg、豚レバーなら6.9mg、牛肉のももなら4.3mgほどあるので、例えば牡蠣であれば2個も食べれば十分に補うことが可能です。

これだけ聞くと非常に簡単に思えますが、亜鉛は食品を加工する段階で失われることが多いため、この数字は生食をした場合で表されます。

肉野菜炒めなどの料理を作れば不足してしまうことになるため、いずれも多量に摂取する必要が出てくるのです。

結果的に摂取量を十分にクリアするには、牡蠣を毎日食べたり、肉類を多めにするなど食事量を増やすことになるため、通常の食事からでは凄く難しいことになります。

毎日のように同じ食事では飽きるため献立を工夫する必要が出て来たり、大量に作ったものを消費できるか疑問も多くなってしまうのですが、何よりプレッシャーになってしまわないか心配になるものです。

そこで、手軽に亜鉛を摂取する方法として、サプリメントで補給するというのもひとつの手となります。他の栄養素を排除して亜鉛だけを効率良く摂取できるので、必要な分だけを吸収することができ便利な方法となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です