亜鉛欠乏症の原因と、どんな人が亜鉛欠乏症になりやすいのか?

亜鉛欠乏症の原因と、どんな人が亜鉛欠乏症になりやすいのか?

人間の身体に必要な栄養素の一つに亜鉛がありますが、これは人間の代謝に必要な栄養素であり、亜鉛欠乏症となると味覚障害や皮膚のトラブル、脱毛や白髪、貧血などのトラブルをもたらします。

肉類や魚介類を摂らない人で亜鉛欠乏症になることがあり、健康志向の高いベジタリアンの人で、亜鉛欠乏性の貧血となる人がいることは誰もが知る事実です。

近年、日本人は亜鉛欠乏症になる人が多く、従来は代謝が衰える高齢者がこの症状となることが多かったのですが、年齢や性別にかかわらず、誰でも亜鉛欠乏症となる可能性があり、それは日本人の古くからの食生活のバランスが崩れ、偏食や好きなもの好きなものだけ食べる、食事のバランスの悪い人がこの亜鉛欠乏症になりやすいと考えられています。

若い人の場合は、スナック菓子やファストフードを主としたバランスの悪い食生活の人が増えており、この亜鉛欠乏症の症状が出ることがあります。

亜鉛欠乏症を防ぐために亜鉛サプリを摂取しよう

亜鉛欠乏症を防ぐために亜鉛サプリを摂取しよう

亜鉛には疲労回復効果があり、さらに自律神経のバランスを整えるという効果もあります。

一日にコーヒーを何倍も飲む人は亜鉛の吸収を阻害することがあります。

また、穀物類には亜鉛の吸収を阻害する性質があるため穀物類の大量摂取で亜鉛欠乏となることがあります。

アルコールの過剰摂取も亜鉛欠乏症の原因となります。

薬物服用による影響も大きく、降圧剤や利尿剤の服用や抗がん剤治療中の患者さんで亜鉛欠乏症となる懸念が高いと言われています。

症状として、味覚障害があらわれることがあり、どのようなものを食べても味を感じにくくなります。

皮膚のトラブルを起こすことがあり、代謝が悪くなるとターンオーバーのサイクルに異常が発生し、シミやくすみに炎症の原因となるでしょう。

血液中に酸素を運び込む役割を担う摂赤血球が減少すると体に十分な酸素が行き渡らなくなり、貧血の症状としてふらつきやめまいとなることがあります。

亜鉛が多く含まれる食物として、肉類や魚介類が多く、牡蠣、ハマグリ、蟹、肉類、ほや、カレイ、卵黄、チーズ、ゴマなどに多く含まれます。

ただ、食物摂取から吸収できる亜鉛は少なく、多くは他の栄養素の影響により阻害されたり、尿により体外に排出されるため、亜鉛欠乏症とならないような食生活を意識する必要があるでしょう。

亜鉛サプリメントによる摂取も、同時に考えておくことが有効的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です