【亜鉛不足】亜鉛の不足を食べ物だけで摂取することはホントに可能なのか?

【亜鉛不足】亜鉛の不足を食べ物だけで摂取することはホントに可能なのか?

亜鉛は、人が健康に生きていく上で欠かせない栄養素です。

成長ホルモンの生成を促してくれるものですから、これが不足すると、様々な弊害が発生してしまいます。たとえば育ち盛りの子どもであれば、成長障害の一因ともなりますし、病気にかかりやすくなったり、うつ病に繋がる症状にもなりかねないのです。

また、亜鉛は味覚や発毛にも関わりを持っていますので、生活の質を左右する栄養素といえます。

人間をはじめとする動物は、必要な栄養素を食べ物で補います。亜鉛もまた同様に、身近なものから摂取することが可能なのです。

一般に流通しているものとして、もっとも多く含まれているのは牡蠣です。とくに生牡蠣は亜鉛が豊富で、100グラムあたり14グラムと、成人男性においても十分な摂取量を誇っています。他にも、牛肉やタマゴ、ゴマや納豆にも含まれています。

亜鉛不足を食事だけで補うことは難しいという点

亜鉛不足を食事だけで補うことは難しいという点

では、こうした食べ物だけで、亜鉛不足を補うことができるのでしょうか。

そもそも牡蠣というものは、好き嫌いが激しく分かれる食べ物であり、誰でも利用できるものではありません。また、事あるごとに食中毒が話題に上るものですから、健康という点から見れば、栄養と中毒がトレードオフの関係になってしまいます。

加えて、価格も決して安くありませんし、食べられる時期も限られています。

お肉やタマゴなどは、栄養素の偏りが気になってしまいますし、納豆も関西の人には縁遠い存在です。そして、コーヒーやスナック菓子に入っている成分は、亜鉛の吸収を抑制してしまうのです。

さらには、ストレスで常に減少してしまうことから、安定した供給を心がけることが大切です。

こうしたことを踏まえて、亜鉛は定期的にサプリメントで補うことが、最善策といえます。

これならば、時期に縛られる心配もなく、いつも決まった摂取量をとることができます。

牡蠣などの食材に比べて、コストパフォーマンスがいいこともメリットです。

亜鉛はサプリメントで補給して、健康な生活を送っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です