亜鉛欠乏症の薬と、亜鉛欠乏症の治療費や薬の値段はどのくらいかかるの?

亜鉛欠乏症の薬と、亜鉛欠乏症の治療費や薬の値段はどのくらいかかるの?

亜鉛欠乏症とはその名の通り、亜鉛が不足することによって引き起こさせる症状です。

亜鉛は体内の細胞に含まれており、体内におよそ2g蓄積されています。亜鉛欠乏症になる原因としては、ダイエットや運動による亜鉛の消費が、主な要因となります。

亜鉛が不足すると、子どもの場合は成長障害や鉄欠乏性貧血を引き起こす場合が多く、また、大人の場合には皮膚炎、脱毛症、味覚障害、インポテンツの症状が出ることが多いです。

亜鉛はカルシウムと一緒に摂取することで、カルシウムの吸収の促進にもつながるので、亜鉛が不足すると必然的にカルシウムが少なくなり、骨粗しょう症を引き起こすこともあります。

その他にも、吐き気、下痢、食欲不振や免疫力低下もあります。

亜鉛は体の至る所で必要になる重要な栄養素です

亜鉛は体の至る所で必要になる重要な栄養素です

亜鉛は、植物性たんぱく質と一緒に摂取すると、効率よく体に吸収することができ、その推奨量は、18〜29歳の男性であれば12~15mg、18〜29歳の女性であれば12mgとされており、上限量は18歳以上であれば33~45mgとされています。

亜鉛を多く含む食材としては、カキ、レバー、うなぎ、カシューナッツ、タラコ、ホタテ、アーモンド、高野豆腐、サンマ、ササミ、ゴマ、海藻、納豆、ブロッコリーなどが代表的に挙げられます。

亜鉛欠乏症を引き起こしてしまった際の対応としては、薬(サプリメント)の服用か食生活の改善によるものが挙げられます。

サプリメントは安いものであれば1000円前後で、高いものでも3000〜5000円あたりが多いようです。

やはり、出費をせずに改善するには、食生活の改善がいちばんなようです。

ただし、味覚障害を発症してしまった場合には、病院での治療が必要なようです。治療期間の目安はだいたい6ヶ月程度になります。

病院での治療が必要な場合には、味覚障害を発症してから受診するまでの期間が、改善するかどうかの決め手のひとつになっています。

発症から受診まで6ヶ月以内の場合、改善率は70〜80%、発症から受診まで6ヶ月以上の場合、改善率は50〜60%となっており、最大20%以上の改善率の差があります。

もし味覚障害を発症してしまったら、早めの受診が鍵になります。

亜鉛欠乏症になると、病院までの通院交通費、通院に伴う仕事を休む日にち、そして亜鉛欠乏症に伴う診療費や投薬費など、費用は膨大にかかってきます。

亜鉛欠乏症にならないためにも、食事で足りない亜鉛をサプリメントで補給する必要があることを知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です