【妊婦の亜鉛】亜鉛を摂取できる妊婦におすすめの食べ物とは?

【妊婦の亜鉛】亜鉛を摂取できる妊婦におすすめの食べ物とは?
【妊婦の亜鉛】亜鉛を摂取できる妊婦におすすめの食べ物とは?

妊婦の場合、個人差はありますが通常に人に必要な亜鉛の量プラスで30パーセントが必要だと言われています。

さらに出産後の授乳中には、通常時のプラス40パーセントの量が必要だといわれています。

つまり、妊娠中や授乳中の女性は、通常の状態の時よりも亜鉛が不足しやすい状態に陥りやすいということが言えるのです。

亜鉛は胎児の中枢神経の発達に必要不可欠です。

また色々な代謝の過程においても必要であり、皮膚や髪の毛・骨の正常な成長、流産の防止などのためにも、1日に必要な量を十分に摂取する必要がある大事な栄養素のひとつになります。

妊娠中に亜鉛が不足すると、胎児の成長が遅れたり、早産の危険性が上がってしまう可能性があるので注意が必要です。

妊娠中に亜鉛不足にならないためにも亜鉛サプリを

妊娠中に亜鉛不足にならないためにも亜鉛サプリを

妊婦が安全に亜鉛を摂取することの出来る食べ物ですが、アーモンド、かぶ、胡麻、じゃがいも、しょうが、魚の卵(たらこ、かずのこなど)、海老、卵黄、牛肉、豚肉、牛乳、豆類、ココアなどをバランスよく摂取するように心がけましょう。

実は牡蠣はものすごく亜鉛の多い食品ではありますが、妊娠中の場合は万が一のことを考えて、生食での摂取は絶対に避け、よく火を通した牡蠣でもあたることが絶対にないとは言い切れませんので、体調の悪い日は牡蠣はなるべく食べないようにしたり、または妊娠中は牡蠣を食べることを避けるなどの努力が必要になります。

豚レバーも含有量が多いのですが、妊娠中は万が一の事態とリスクを考えてとくに火をきちんと通したものを食べるようにしましょう。

また、亜鉛の吸収を阻害する食べ物や飲み物は避けるようにしましょう。

お茶、コーヒー、アルコール類などの飲み物、甘いお菓子などの過剰な摂取は控えるようにして、妊娠中はアルコールやコーヒーを避け、お茶はノンカフェインのものにするなどの工夫が必要です。

ストレスを受けると亜鉛はすぐに消費してしまいますので、お腹の赤ちゃんのためにもストレスを貯めすぎないように生活するように心がけましょう。

妊娠中や授乳中は、亜鉛不足になると様々な病気や弊害がありますので、安全性の高い亜鉛サプリを使って、赤ちゃんの健康のために努力することもお母さんの役目だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です