【亜鉛サプリ】亜鉛サプリを飲みすぎると危険ってホントなの?

【亜鉛サプリ】亜鉛サプリを飲みすぎると危険ってホントなの?

亜鉛は食品やサプリメントからたくさん摂取しても比較的副作用の出にくい栄養素です。

これは亜鉛じたいが比較的毒性の低いミネラルだからです。

過剰摂取した場合でも余計な分は便や尿にまじって体外へ排出されます。

しかしサプリメントなどを長期に飲みすぎると副作用が出やすくなって危険な場合があります。

過剰摂取による副作用の一覧ですが、頭痛、発熱、嘔吐、腎臓障害、倦怠感、神経障害などが出る可能性があります。

普通の食事から亜鉛を摂取している場合はほとんど心配ないのですが、継続的にサプリメントを飲みすぎると副作用が起こってしまう可能性が出てくるのです。

長期に摂取していると腸で銅の吸収率が低下するという副作用がおこる危険性もあります。

銅も身体に必要なミネラルのひとつですが、動画不足すると骨がもろくなったり、貧血になりやすくなったりします。

亜鉛サプリは活性酸素を除去してくれます

亜鉛サプリは活性酸素を除去してくれます

また亜鉛は体内の活性酸素除去酵素を構成するひとつの要素でもあるため、増えすぎた活性酸素を体内から排出させるためにはなくてはならないものです。

亜鉛の習慣的な摂取の最大目安量ですが、成人男性では1日40mgから45mg、成人女性の場合は1日30~35mgです。

亜鉛は食べ物からだけで摂取するのは難しく、サプリメントで補う人が多い栄養素なのですが、サプリメントを飲みすぎると危険なので、食事から摂取する分も考えてサプリメントでは20mgくらいを目安に摂取していくと良いでしょう。

ストレスを受けたり、喫煙したりアルコールを飲んだりすると亜鉛は消費されていきます。

生活習慣の違いなどによっても必要な量は個人差がありますし、妊娠している、妊娠していない、授乳している、授乳していないなどの身体の状態などによっても必要な量は異なりますので、最大摂取量を超えないように調整していく必要があります。

ちなみに妊婦の場合は通常よりもプラス30パーセント、授乳中の場合はプラス40パーセントを目安に摂取しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です