亜鉛が不足すると起きる健康被害やトラブルをまとめてみました!

亜鉛が不足すると起きる健康被害やトラブルをまとめてみました!

亜鉛は健康な生活を送るために欠かすことができない栄養素であることは理解していると思われます。

1日の推奨摂取量は男性で10mg、女性で8mgとなっています。そこで、亜鉛が不足するとどのような健康被害やトラブルが生じてしまうのかについて見ていきます。

まず、脱毛の症状を挙げることができます。亜鉛が不足してしまうと細胞分裂の働きが低下してしまうので、髪が新しく生えてこないだけでなく、脱毛しやすくなってしまいます。

薄毛の心配をしている方は意識して摂るようにするべきです。

また、免疫力の低下してしまうことも亜鉛が不足すると生じる健康被害になります。

免疫力は健康に過ごすために大事なので、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、アレルギー症状の悪化、ガンなどの大きな病気を発症してしまうリスクが高くなってしまいます。

妊娠中の亜鉛不足はあかちゃんの健康被害にも

妊娠中の亜鉛不足はあかちゃんの健康被害にも

特に亜鉛が不足しないように摂らなければいけないのは妊婦中の方になります。

胎児の時期は細胞分裂が多く行われるのですが、不足すると十分な細胞分裂を行うことができないので、何か問題を持って赤ちゃんが生まれてくる可能性が高くなると言うことができます。

自分に健康被害が生じるのであれば仕方ないと考えられますが、子どもに影響が出ることは絶対に避けなければいけません。

手足がちょっと不自由であったり、脳に障害が生じるケースがあるので気をつけてください。

その他には味覚障害、貧血、皮膚が乾燥しやすくなる、情緒不安定や行動異常などの精神神経症状、耳鳴りや聴力の低下、生殖機能の低下などの健康被害を挙げることができます。

亜鉛が不足すると様々な問題が起きてしまうので、食事などで摂る必要があります。

豊富に含まれている食材は牡蠣や煮干し、ビーフジャーキー、豚レバー、卵黄、胡麻などがありますが、毎日摂取することを考えたらサプリメントの利用をオススメします。

最近は効果が高いサプリメントが発売されているので、安心して利用することができています。”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です