【亜鉛おすすめ】食べ物で亜鉛を摂取するなら何がおすすめなのか?

【亜鉛おすすめ】食べ物で亜鉛を摂取するなら何がおすすめなのか?

亜鉛は日常生活において欠かせない栄養その一つで、日本人における亜鉛の推奨摂取量は男性で10㎎、女性で8㎎とされています。

最近ではサプリメントなどが多く販売されるようになったので、活用している人を中心に欠乏することは少なくなってきましたが、反対に過剰摂取が問題になってきています。

そのため、バランスよく亜鉛を摂取するには、普段の食事を意識して行うことが大切です。

亜鉛は様々な食べ物に含まれていますが、もともと吸収力はそんなに高くないミネラルの一種なので、効果的に摂取するためには調理や食べ合わせを工夫する必要があります。

基本的なのは、亜鉛の吸収力を高めるタンパク質と一緒に摂取することで、おすすめの食べ物して魚介類が挙げられますが、特にその中でも牡蠣が一番豊富に含んでいます。

亜鉛を食べもので摂取するなら牡蠣がおすすめ

海のミルクとも表現される牡蠣は様々な栄養素を含んでおり、またタンパク質も豊富なので、2~3個程度食べるだけで、一日の亜鉛の推奨摂取量を満たします。

新鮮なものは生で食べると、栄養素をそのまま体に摂取することができますが、食あたりの危険性もあります。熱を加えると栄養素が失われることもあるため、その汁ごと食べることができるように鍋やスープにすると良いでしょう。

亜鉛を摂取するには、牛肉や豚肉を食べることもおすすめであり、1日約200g食べることが望ましいです。

部位としては肩やモモ、ロースなどに多く含まれています。ただし肉を食べすぎると肥満の元になり得ますので、脂身は出来るだけ除去することや、もともと脂身の少ない部分を食べるなどの工夫をしましょう。また、チーズなどの乳製品にも含まれています。

これらはおやつなどの間食として気軽に食べられるので、積極的に活用するようにしましょう。その他、ピーナッツやゴマなどにも含まれていますが、先ほど挙げたものに比べると、量は劣ります。それでも普段から意識して食べることにより、亜鉛の摂取の助けになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です