亜鉛欠乏症に関するホームページで信頼できる情報源をまとめてみました!

亜鉛欠乏症に関するホームページで信頼できる情報源をまとめてみました!

亜鉛は、ヒトの体に約2gほど含まれている、必須栄養素の1つです。体内では、酵素の成分として使われたり、タンパク質の合成やDNAの転写などに関わったりしています。また、インスリンや味覚にも関与しています。ところで、この亜鉛が欠乏するとどうなるのでしょうか。

また、どのような食事を摂れば、亜鉛欠乏症を防ぐことができるのでしょうか。ここでは、さまざまな亜鉛欠乏症に関するホームページを参照しながら、亜鉛欠乏について解説していきます。

亜鉛は、体の様々な機能に関わっているため、不足するといろんな影響が出てきます。主な症状は、味覚障害です。味に対する感受性が鈍くなるだけでなく、本来の味と違う味を感じるということもあります。

このようなことが起こる原因は、舌にある味蕾と呼ばれる器官の細胞の代謝に亜鉛が使われるためです。また、白血球の機能の低下による免疫力低下や皮膚炎のほか、脱毛症や生殖機能の低下などの症状がみられる場合もあります。

特に、亜鉛は髪の主要成分であるケラチンの合成に使われるため、薄毛に悩んでいる人にとって亜鉛欠乏症は死活問題でもあります。ところで、摂取目安はどのくらいなのでしょうか。

亜鉛欠乏症についてまとめてみると

亜鉛欠乏症についてまとめてみると

性別や年齢によっても変わってきますが、男性の一日平均必要量は8mg、女性の場合は、6mg、さらに上限量は男女ともに30mgといわれています。また、厚生労働省は1日あたり3~15mgを目安に摂取することを推奨しています。さて、亜鉛はどのような食べ物に含まれているのでしょうか。

亜鉛を多く含む食品には、牡蠣や牛肉、レバーのほか、うなぎや大豆製品、卵などがあります。また、食品からだけでは摂取が難しい場合は、サプリメントで補給するという方法もあります。

サプリメントから摂取するときは過剰摂取に注意しましょう。

特に外国の製品は、30mg以上含まれている場合があるので、過剰に摂取する可能性があります。ちなみに、サプリメントはキレート加工されているものの方が吸収率がよいのでお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です